カードローンとキャッシングは、何が違うのでしょう? カードローンもキャッシングも、基本的にカードを使った借金という意味では同じです。 ですが、その目的が全く違います。 カードローンとは、何らかの商品やサービスを利用した際にカードで支払う方法です。 この時に、一括払いを選択することもできれば、分割払いを選択することもできます。 つまり、特定の商品やサービスの代金をカード払いのローンで支払う方法がカードローンです。 これに対してキャッシングは、カードを使って現金を借り入れることをいいます。 その使用目的は限られていません。 キャッシングしたお金を旅行に使おうが、食事に使おうが、洋服やバッグを買おうが自由です。 目的を限定せずに指定の金額を借り入れ、その借入額を任意の回数で支払って返済していくのがキャッシングです。 例えば、銀行などでは、住宅ローン・教育ローン・オートローンなど様々な商品が用意されていますが、それぞれで利率などに違いがあります。 その際に、教育ローンの利率で借入したいから、教育ローンを使って車を買いたい・旅行に行きたいと思ってもそれは不可能です。 でも、キャッシングなら借りたお金を自由に使えますから、とても便利でしょう。 その代わり、使用目的が限定されているローンを利用するより金利が高くなってしまうことがほとんどです。